Top Message

I will not complain.に生きよう。

石川博久(Hiro)
株式会社IWNC 代表取締役 社長

英国・スペインなど欧州での大学留学時代、1989年11月9日ベルリンの壁崩壊に知人とともに参画し、現場にあった「切り開く」というチカラの美しさを知る。意気揚々と壁のカケラを持ち帰ったが、途中突如として虚しくなり、近くの川へ投げ捨てた。変革の当事者であれ、と悟った。

1995年、創業者アントニーウィロビーの意志に共感しIWNC(I Will Not Complain)に入社。4年後の1999年、日本法人の代表に就任する。2007年にシンガポール・マレーシア・中国・香港の拠点を持つアジア全域へ幅広く展開しグループ統括代表になると、自ら単身にて住処(拠点)を成長市場の象徴である北京に置き、アジア全域で躍動するボーングローバル企業や、スタートアップ起業家からのインスピレーションを肌で吸収。グローバルで勝つ組織のリーダーシップ開発、イントレリーダーシップのメソッドを溜め込み、2000年代初頭のIPOトレンドを牽引した数々の経営者パートナーとして上場支援に深く携わる。「人材で勝つ」の切り口・視点から付加価値を生み出し、ステージアップする動力を人材価値の集積から可視化した。

その後アジアに進出するボーングロールFortune500な欧米企業への長期的な組織開発支援から、そこで見る若き経営リーダーが異国で躍動する(グローバル)での勝ち方(方程式)を紐解く。帰国後、次代を担う若き経営リーダー候補にグローバルで勝つリーダーへの育成を毎年1,000名を限定として輩出。

バーチャルエデュケーションが注目される今日でも、頑なに、直接膝を付けあわせたスタイルに拘って刺激のシャワーを浴びせ、次期リーダーが次のステージに駆け上がろうとする跳躍の瞬間に、息吹を吹き込み、背中を押す役割を担っている。

最近は、現エグゼクティブの本質的リーダー(オーセンティック)或いは「大人(たいじん)」と呼ばれるべく人間力のその源泉を、ケニアのマサイ部族の酋長、モンゴル遊牧民の部族、ネイティブアメリカンの長老から、教えを被り、より不確実性の高い時代においても、高度なサステイナブルな組織とリーダーシップの在り方を探究。3000年続く部族(Tribe)と現代社会が共感する「軸」のディスカバリーマイスターとして、旅人への伝播に人生を捧げる。

Message

 
VUCAと言う言葉に表されるように、現代は不確実性の高い世の中と言われる。 しかし、その実態は単に、世の中が比較論、或いは相対論に
陥っているということではないだろうか。
 
常に自分と誰かと比較している状態は、人を不安にさせる。
なぜなら、仮に今日勝ったとしても、明日は負けるかもしれないのだから。
これではいつまで経っても不安は解消されない。
 
一方、そのことに気付いた人たちは、自分のだけの何かを持とうとしている。
それは自分らしさであり、自分だけの確固たるもの、ぶれない軸。
そういったものにフォーカスすることで、
人は初めて、ある種の揺るぎない自信や幸せを手にすることができる。
 
自分の価値観を理解し、正しく受け止めることができる人。
他人と自分を比べるのではなく、自分の中の軸を大切にする人。
そう言う人たちが増えつつある。そういった世界はもうそこまで来ている。
 
ビジネスマン一人ひとりが、あるべき論や役割意識から解き放たれて、
自分自身のオーセンティックな考え方に立ち戻る。
僕たちはそんな流れを加速する、ある種の刺激的な存在になれたらいい。

 
やっぱり格好いいなと思えるリーダーって、誰かの真似をしていない。
そういう人間が自分で判断をして、決断して前へ進むことで、新しい時代を創っていく。

 
本質的なリーダーというのは「強さ」だけではダメで、「良さ」が必要だと思う。
それは、いざとなったときに逃げないとか、本当の意味で利他ができるということ。
実はそういう部分は日本人の持っている利点だと僕は思っている。

優しさとか利他の心を大切にする教育を受けた人たちというのは、
実は世界を見てもあまりいない。そういった「良さ」はなかなか鍛えられない。
だから、「良さ」はいずれ大きな力に変わる可能性を持つ。

一方、「強さ」は鍛えられる。
自分の考えはこうだと言い切れる力であったり、こっちを取ると決められる力。
そういった胆力や判断力は鍛えることができる。

今の日本人のリーダーには良さはある。だが、まだ強くない。
強くなれば世界で勝てるリーダーとなれる。

いずれ世界中の人たちから、
日本から出て来たリーダーたちは「本質的なリーダーだよね」と、
そう言ってもらえる可能性は高いと、僕は思っている。

一番重要なのは、自分自身が何者であるかを理解し、
自分の考え方を真っすぐ伝えて、正義感を持ってビジネスを行うこと。
そうすれば小手先でビジネスをやろうとする人たちには絶対に勝てる。

 
遠慮だったり、無関心だったり、プライドだったり、建前だったり。
そういったものが邪魔をすると、物事の本質に真っすぐ向き合えない。
それでは学びや気づきが生まれない。非常にもったいないことだと思う。

だから、研修の場で僕らは敢えて空気を読まない。本音でズバっと言う。
クライアントにも決して忖度しない。
なぜなら僕らのプログラムの主人公は、あくまで参加者一人ひとりだから。

参加者が自ら気づき、自分の二本の足でしっかりと立つ状態をつくるために、
僕らは刺激や機会を与えながら、さまざまなスタイルでサポートをする。
どこまでいっても、参加者が主人公。これが僕らのスタイル。

 
人間にとっての最初の学びの機会とは、 赤ん坊が何かを触った時に熱いとか、痛いとか、
口に入れた時に苦いとか甘いとかいう、そんな体験だった。
 
人間にとって一番分かりやすく、
身になる学びとは、実はこういった体験学習なのだ。
 
ところが成長過程で教科書というものが現れる。
教科書に書いてあるものが正しいとされ、
教科書の知識を身につけることで評価されるようになる。
 
その学習方法は小学校から始まり、社会人になっても続く。
残念なことに、その過程で本質的な学習能力が失われていく。
 
だから、僕たちのプログラムでは、原始的な学びを体験する。
本来自分が一番しっくりくるであろう、純粋な学習体験を呼び起こす。
 
目で見て、触れて、自分で考えて、自分で行動し、自分で判断する。
だから身になる。
それを僕らは「教えない」研修と呼んでいる。

 
冒険でも、登山でも、ビジネスでも。 自分で決めた目標に向かって行動を起こせば、
必ずいろんな困難や障害が起きる。
 
その時に誰かのせいにするのは「格好悪い」ことだと、実はみんな思っている。
やるんだったら文句を言わず、自分で解決しようぜと、心の何処かで思っている。
 
それがI WILL NOT COMPLAIN。
決して文句を言わないという宣言。
 
誰だって自分の人生の舵は自分で取りたいはず。
自分らしく、自分の足で、生きたいという思いがある。
それは人間の物凄く本質的なデマンド。
 
僕らのプログラムを通して、長い時間自分を縛ってきた呪縛が解かれていくと、
参加者は必ず感動する。それは自分の可能性に気づくという感動だ。
 
心の蓋が外れたことで、人はポンと変わる。
同様の体験をした人たちが周りに複数いると、相乗効果で大きな効力感が生まれる。
 
そうなれば、人はとても無理だと思えることを簡単に成し遂げてしまう。
その時に起こるうねりは本当に感動的だ。

 
パラダイムを変えるだけで、人は大きく変わる。 その体験を僕らはもう30年も続けてきた。
 
年間3000人としても30年で約10万人。
それくらいの規模感でリーダーたちを輩出してきた。
そのうち3、4割は、最低でも執行役員以上にはなっているだろう。
 
人は確かに変わるし、チームは想像以上のパフォーマンスを出す。
それは僕らにとってすでに確信だ。
10万ならN数としても十分ではないだろうか。
 
だから、自分を信じていない人をみると、もったいないと思う訳です。
なんでみんな、自分の可能性にキャップしちゃうのかなって。

 
僕らのプログラムをきっかけに、 クライアントのリーダーたちに強烈な当事者意識が生まれた。
その後、たった2か月間で150億もの利益が生まれたという。
その数字は当初の年間利益目標の約半分に当たる。
 
なぜそんなことが起こったのか。
 
人には本質的に、誰かと繋がっていたいという思いがある。
それはお金や権限といった衛生要因ではなく、
内面的に人と繋がって何かを成し遂げたいという、人間の本性のようなもの。
 
普段は役割意識や自己防衛という鎧によって、その本性が見えなくなっている。
その結果、互いに警戒し、牽制し合ってしまう。
 
僕らがやったのはその鎧を一回外してあげただけ。
 
すると、ただでさえ実力がある人たちに、
よし、一緒にやったら楽しい、凄いという自己効力感が生まれる。
やがて一人ひとりの自己効力感が、組織の効力感に変わる瞬間がやってくる。
そうなると結果はもはや必然。(とはいっても150億はすごいなあ。)

 
ウチの会社らしさ? 人間の力を信じている人たちが集まっていることかなあ。
「頼むぞ」と「任せとけ」で繋がりあっている感じ。

 
企業の中ではどうしてもマイナス面にスポットが当たってしまう。 「これが出来てないよね」「ミスの原因は何?」という風に。
 
失敗体験から成長することはもちろんある。
でも、人が本当に成長するのはむしろ成功体験の方だ。
 
「俺はできる」、そういう自己効力感(エフィカシー)の方が実は跳ねる。
ただし、実態と距離のある成功はあまり自信にはならない。
自分の中でラッキーと認識するから。
 
効果的にエフィカシーを得るためには、スモールステップを活用するのがいい。
できないことを頑張らせるのはなく、できる所まで立ち戻って、
小さな成功体験を積み上げていくやり方。
 
それをプログラムで仕掛けると、みんなアレ?アレ?ってなる。
あ、できる、次も絶対できる、と前向きな力が生まれる。
 
それは、脳科学でいうところの、前向きな細胞をONにした状態。
実は前向きさとか、好奇心とかって物凄く重要なキーワードなんです。

 
人が自らの可能性に気づき、 エネルギーがほとばしる瞬間が好きだ。
 
そのことをunleashと表現している。
leashとは犬の手綱のこと。
綱を放すと、犬がバーッと走り始める。
あのイメージ。

 
プログラム終了後に、 扉を開けて出ていく参加者たちの自信に満ち溢れた顔を見る時。
 
目がきゅっと広がって。上向いて楽しそうにしている。
よし、やってやろうってエネルギーに満ち溢れている。
その時の顔は誰もみな美しい。

 
その場では変わっても、残念ながら元に戻る人もいる。 実際、全員を変える必要はないし、変わるとも思えない。
 
1割か2割、ガンッと変わって、さらにその中で、
たった一人でも構わない、真のリーダーが生まれたなら、
何万人もの組織を引っ張っていくことができる。
 
リーダー育成とはそういうもの。

 
2020年のオリンピックが終わったら、 日本はいろんな意味でシュリンクしていくだろう。
 
淘汰が一段落するのに15年はかかるだろうと言われている。
そのとき、会社は今より居心地の悪い場所になる可能性が高い。
 
そのしわ寄せは個人にやってくる。
心に傷を負う人も増えるのではないだろうか。
 
その時に自分の軸を持ち、自分らしさを認識していることは、
新しい人生の一歩を踏み出す上でとても重要なことになる。
 
自分自身の心の傷に、絆創膏をペタっと貼って、
「よし、行くぞ」と思える。そんな人を増やしていきたい。
 
これからの僕らの役割かもしれない。
そこは凄く真剣に考えている。

 
個が先にあって、組織がある。 個がエネルギーを発揮してこそ、初めて組織に貢献できる。
逆は、ない。
 
この考え方は、以前は国内の企業にはなかなか伝わらなかった。
実際、2000年代初頭まで当社のクライアントの95%は外資だった。
 
けれど、僕らは考え方を変えるつもりはなかった。
自分で学び、自らの意志で自分を変えていく人たちの方が、
どう見たって格好いいと僕らには思えたから。
 
それは僕らの美学だったと思う。

 
伝える力がますます重要になってくる。 ただし、それは手法ではない。
 
その人の本質的な魅力がどこから来るのかを、
自分で考えて、周りからのフィードバックも受けて、
自己の中で確立すること。
 
その魅力をもって何を伝えるか、
どう伝えるか、どう巻き込むか、そんな力。
 
よくあるプレゼンテーションスキルとは違う。
敢えて言うなら、「伝わってしまう力」を磨くこと。
 
そういう人を惹きつける魅力は、リーダーにとってとても大切だから。

 
今の時代、知識を身につける機会はいくらでもある。 eラーニングもあるし、本を読むことだってできる。
 
だからこそ、Face to faceで向き合える集合研修という場所は、
単なる知識の取得ではなく、
自分自身への深い気づきを得られる機会であるべきだ。
 
「よし、いくぞ」と前向きな気持ちが生まれるような、
この国にそんな研修機会がもっともっと増えていけばいいと思う。
 
日本のアダルトラーニングを変えていきたい。
世の中の研修と呼ばれるもののあり方を、
オセロゲームのように、全部ひっくり返してやろう。
そんな野望がある。

 
変わった社名だねとよく言われる。  
ウチの会社は、I WILL NOT COMPLAINですというと、
最初はみんな「えっ?」ってなって、
次に笑って、その後に「あ、そういうことね」と納得してくれる。
 
多分、みんな潜在的に思っているんですよ、
文句を言わない人って格好いいなと。
 
社名を話すだけで、僕らの覚悟が伝わる。
そして、その場のグランドルールができる。
やっぱりいい社名だなと、改めて思う。

 
エベレストに登り、北極点や南極点に達し、 月にまで辿り着いた人類は、次は火星に向かうという。
 
人間の好奇心や探究心は尽きることがない。
そして、そのベースにあるのは、
「自分ですべての責任を持つ」という覚悟だと思う。
 
ビジネスパーソンとて同じ。
 
仮に挑戦の先に失敗があったとしても、
あるいはビジネスとして高収益を生まなかったとしても、
自分の責任において挑戦した人は、
その人らしい人生を生きるという幸せを手にできる。
 
それはきっと価値のあることだと、僕らは信じてきた。
 
いつの日か、火星に向かうアストロノーツたちの袖に、
I will not complain.のロゴマークを目にする、
そんな日が来きたらと、想像するだけで楽しい。

 
目に見えないものや言葉にならないものの中にこそ、 本当の価値が認められる、そんな世の中になってきた。
 
信じるとか、感じるとか、腑に落ちるとか、
そんなもので繋がりあえることが、実は最高の価値じゃないだろうか。
 
だからビジネスも、この指とまれでいいんじゃないか。
感じてくれる人にだけ伝わればいい。
もちろん、そうじゃない人がいるのもごく自然なこと。

 
まず10人で手を繋いで一つの円をつくる。 その状態で、高さ2メートルに設置した丸太を、
手を繋いだまま、全員で乗り越えるという課題をやってもらった。
 
始めはとてもできないという話になる。一人で登るのさえ大変。
絶対無理だとか、危ないとか、いろんな反応が出る。
 
手も使えないのにどうやって登るの?登ったらどうやって降ろすの?
最後の人はどうするの?もし怪我人が出たら誰が責任を取るの?
 
一通りのネガティブな言葉が出尽くした後で、
誰彼となくできる方法を探し始める。
 
自力じゃとても登れないから協力するしかない。
ここで俺の膝を使え、そこであいつの肩に乗れ、
俺が頭で支えるから、その間に次の人をここまで引っ張り上げろ。
 
できることを一生懸命に考え続ける。アイデアを出し合う。
なんども失敗する。だんだん可能性が見えてくる。
 
そして、できた。わーって、歓声が上がって、
もう、大喜び。泣いている人もいる。全員泥んこだった。
 
できると皆が信じて、できる様にどうするかを皆が考えて、
その為には、自分の手も足も体も心も全部出して。
やったら出来たじゃんって、そういう体験をした。
 
無理だと思ったけど、俺たちできたよね?
じゃあ、今組織にある課題はなぜ無理なの?
丸太越えと何が違うの?俺たちには乗り越えられないの?
 
否、できる。絶対できる。
じゃあできる為の施策を考えよう、
そうなったとき、チームはぐっと一枚岩になった。
 
これは出来ない、私の役割ではない、俺はやらない、
そんな声はもう出てこない。
 
研修の最後に、今度は高さ4メートルの壁越えをやってもらった。
もうみんな笑っている。「さて、次はどうやって登ろうか?」

 
結婚式や成人式というものには、ちゃんと意味がある。 今日からこういう家庭をつくろうとか。明日からこういう大人になろうとか。
式を経ることで、人は心構えができる。それが通過儀礼の意味。
 
ところが普通に生きている限り、
「よし、俺はこれから一人前のリーダーになるぞ」
「今日から自分らしい人生を送るぞ」という、そんな通過儀礼はない。
 
だから僕たちはこのプログラムに、そんな通過儀礼の意味を込めた。
忘れられない記憶として、心と体に刻まれるように。
 
モンゴルの大草原や万里の長城といった、
人間の力を遥かに超越した大自然や偉大な建造物と向き合うと、
人は否応なしに自己と向き合う。そこに逃げ場はない。
 
自然の力は偉大である。
ちっぽけな愚痴はもう出てこない。
誰もが自然と、I will not complain.になって、
一生忘れない記憶となる。

 
相手をきちんと尊敬する。けれど、考え方や意見に関しては、 遠慮することなくdisagree(反対)していい。
 
それはうちのカルチャーです。
もちろん社長である僕の意見にも、もの凄く反対意見が出る(笑)。
 
それはとても健全なことだと思う。

 
「1+1が3にも4にもなるようなチームビルディングをしてほしい」。 クライアントからそう依頼されることがよくある。
 
けれど、実際に現場に立ってみると、ほとんどのチームが、
1+1が2にもなっていない。
 
お互いが遠慮し、あるいは牽制し、発言することもなく、
バーを下げあって、妥協した合意形成をしている。
なんともったいないことだろうか。
 
その原因は、役割意識や縄張り意識、数え切れないほどのルールや慣習。
あるいは、利他の心を持たない偽善者たちの存在といった、
様々なストッパーが、本質的なコミュニケーションを阻んでいることにある。
 
もっと自然体でコミュニケートすれば、物凄いパフォーマンスが生まれるのに。
互いに自分自身の可能性やケイパビリティを出し合い、
本質と本質がぶつかりあえば、もっとエネルギーに満ちた楽しい場になるのに。
 
そのとき1+1は3にも4にも、いや10にだってなる。
僕らの役割は、そんなつまらない矛盾を取り除くことにある。
実は非常にシンプルなことをやっている。

 
人は忘れる生き物だ。 学校の授業で習ったことをどれだけ覚えているだろうか。
残念ながら大半を忘れてしまっている。
 
けれど一方で、
人には絶対に忘れられない記憶もある。
 
サヨナラ負けした最後の夏。
大好きだった彼女にふられたあの夜。
歯を食いしばって頑張った先に掴んだ合格。
厳しかった上司が口にした「よくやった」の一言。
 
感情と結びついた記憶は残る。
感情指数が多いほど、忘れられない記憶になる。
 
「こんちくしょう、いまに見とけよ。」
僕らの研修で自分と向き合う過程には、必ずこんな瞬間がやってくる。
 
だから、モンゴルの大草原で、万里の長城で、八ヶ岳の山腹で、
あの日、あの場所で口にした言葉は、何年経っても忘れられない。
それは脳に刻み込まれたエピソードとなるから。
 
詰め込んだ知識はもちろん何かの役に立つ。
けれど、折に触れて思い出し、
人生を前に進める力となるのはそんな記憶の方だ。